クリエイターコース

専門学校で学べる具体的なクリエイターコースの内容ですが、何についてのどのような知識を得たいかで細かく分かれています。一概にゲームを作りたい、と言ってもゲームの作成には様々な人が色々な形で関わって作られています。ゲームクリエイターや制作などでは基本的にプログラミングについての知識が学べます。どのようなゲームを作るにしても、それがPCなどの機械で動かすものであればプログラミングの知識は必須の物です。また、最近のゲームではグラフィック等も売り上げに直結する重要な要素となっています。美しいCGであったり、魅力的なキャラクターを描くには相応の技術が必要になるので、そうした事を学べるCGクリエイターやイラストレーターのコースもあります。ちなみに、大原専門学校のクリエイターコースでは、実際の制作現場でも使われている機械を使用して実習を行います。現場に出ても即戦力になれるような環境を整えているので、こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

実際の制作現場でも使われているハイスペックのパソコンやソフトで、現場を想定した実習を行いますので就職後も安心です。

これらのプログラミングやCG・イラスト技術というのはゲーム以外の仕事にも応用の利くものです。プログラミングについての知識が付いていればゲーム開発だけでなく、PCやスマホ向けのアプリ開発なども目を向ける事が出来ますし、CG技術でしたら最近では映画やドラマにも必須の技術となっています。イラストも企業の広告などで仕事があるでしょう。このように応用の利く技術を身に着ければ未来の選択肢が広がっていきます。

Published by 運営者