その他の学べる事

クリエイターコースにはそうしたサブカルチャー的なものだけに留まらず、ファッションなどのコースもあります。ファッションクリエイターは服を自分で作ってみたいという方にはおすすめです。新たな流行を作れる商品の企画立案や、その為のデザインの知識、作品の制作過程などを実践的に学べるため、就職する際には強みになるでしょう。また、ファッションにも細かなジャンル分けがされているので、それらのジャンルに合わせたコースへ入学する事で自分の欲しい知識を手に入れる事が出来ます。

音楽などもこちらのコースに含まれている事が多く、作曲や編曲、作詞の技術を学ぶ事が出来ますし、レコーディング技術やマスタリングの技術を学ぶ事が出来る為、音楽に関わる仕事に就きたいと考えている方にとっては必ず有効になる事でしょう。また、最近ではネット上で自分の曲を公開・販売する事も増えているので、そうしたネットアーティストとなる為に必要な知識や技術なども学ぶ事が出来るようです。音楽を作る現場の総合的な指揮を執るプロデューサーに必要な知識も学べるので色々な関わり方を学ぶ事が出来るでしょう。

このように、クリエイターコースでは幅広いジャンルの様々な事を学べます。けれど最も大事なのは自分自身が将来何をしたいか、という事です。行動しなくてはどこにも届きません。専門学校で学ぶ事で自分自身のやりたい事に少しでも近づいていただきたいと思います。

クリエイターコース

専門学校で学べる具体的なクリエイターコースの内容ですが、何についてのどのような知識を得たいかで細かく分かれています。一概にゲームを作りたい、と言ってもゲームの作成には様々な人が色々な形で関わって作られています。ゲームクリエイターや制作などでは基本的にプログラミングについての知識が学べます。どのようなゲームを作るにしても、それがPCなどの機械で動かすものであればプログラミングの知識は必須の物です。また、最近のゲームではグラフィック等も売り上げに直結する重要な要素となっています。美しいCGであったり、魅力的なキャラクターを描くには相応の技術が必要になるので、そうした事を学べるCGクリエイターやイラストレーターのコースもあります。ちなみに、大原専門学校のクリエイターコースでは、実際の制作現場でも使われている機械を使用して実習を行います。現場に出ても即戦力になれるような環境を整えているので、こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

実際の制作現場でも使われているハイスペックのパソコンやソフトで、現場を想定した実習を行いますので就職後も安心です。

これらのプログラミングやCG・イラスト技術というのはゲーム以外の仕事にも応用の利くものです。プログラミングについての知識が付いていればゲーム開発だけでなく、PCやスマホ向けのアプリ開発なども目を向ける事が出来ますし、CG技術でしたら最近では映画やドラマにも必須の技術となっています。イラストも企業の広告などで仕事があるでしょう。このように応用の利く技術を身に着ければ未来の選択肢が広がっていきます。

将来の為に専門学校へ

資格の取得や何かの技術を集中的に学びたいと考えた時にお勧めなのは専門学校です。専門学校は特定の分野に特化した教育をしてくれる為、その分野に対しての知識が短大や大学に通うよりも深く身につきますし、それらの技術を用いた仕事に就くのであれば就職する前に現場の雰囲気やどのような仕事内容になるのか先にある程度体験できることも強みでしょう。

専門学校には、調理師専門学校や介護士・看護師専門学校、クリエイター系の専門学校など様々なジャンルのものがあり、学べることは多岐にわたっています。将来はこの職業に就きたい、と考えが決まっている方であれば専門学校で学ぶ事は大きなアドバンテージになる事でしょう。また、専門学校によっては様々なジャンルを一手に教えている所があり、そうした学校ですと自分で学びたいコースを選択する事になります。その中でも特に、クリエイターコースと言われるものは若い人に大変人気のあるコースで、ゲームやイラスト、アニメーションなどを作るための技術を習得する事が出来ます。それだけでなく、ファッション関連やインテリアの事などもクリエイターコースに含まれている事が多いのでそちらに興味があるという方も選択されることの多いコースとなります。

このページではそうした、専門学校のクリエイターコースについて詳しく紹介します。日本が誇るアニメーション文化や高いCG技術を学びたい方にはおすすめのコースですので、ぜひどのような事を学べるのか知っていただき、将来の選択に役立ててもらいたいと思います。